logo

back DESIGN

「満足のデザイン」とは?

2014年08月07日

昨晩、BEENOSのふみやさん、デザイナーのkazuさん、鈴木くんと飲みに行ったのですが、「満足のデザイン」について考えてくるという宿題があったので「アイスクリームを食べることで満足するには」という軸で少し考えてみました。 せっかくなので公開してみる。

そのときに出された参考リンクがこれ→「満足のデザインとは?」 | Design dot BEENOS

アイスクリームを食べて満足する

どうすればアイスクリームを食べることで満足することができるのか?

例1:アイスクリームを食べたかったからそれを食べたことで満足した

例2:食べたくなくてもふいに食べてめちゃくちゃおいしかったら満足するかもしれない

例3:道を歩いていていきなり口にアイスクリームが飛んできた

満足とは?

良いUX=満足だと最初思ったが、満足とは良いUXの一部であって、それを体験することを前もって期待していてかつ自己実現の欲求に関連するようなUXだと感じた(つまりアイスクリームに対する経験が必要)

これをUX設計するとすれば、

まとめ

アイスクリームを食べて満足するには、アイスクリームを食べる行為以外の時間が食べる時間と同じくらい重要。

また、期待するためには経験が必要で、経験と体験の連続をいかにつくるかがポイントになってくる。


最近ジャーニーマップがよく使われていて、なんとなく体験以外のところにもフォーカスしないといけないんだなぁとは思っていたけど改めて重要さを理解できました。

途中からエバーノートのメモそのまんまでブログに載せちゃいましたが、なんとなくでも伝わればいいなぁと思います。

シェアしてね

2014年08月07日

, , , , ,

top TOP
自己紹介
picture
KEISUKE TSUKAYOSHI

UX Designer / UI Designer.

株式会社Fablicでフリマアプリ"FRIL"などの事業サービスのプロダクトマネジメントやデザインを担当しています。

実績など詳しくはこちら

copyrights(c) Keisuke Tsukayoshi.