logo

back DIARY

ディレクションとデザイン

2013年05月14日

ディレクターがつくるワイヤーフレームには「やりたいこと」が書いてあって、それに対してデザイナーが施すデザインとは「それを最大化するもの」であることが好ましいのではないかと思うようになりました。

ワイヤーフレームは配置・色・大きさを最適化し、デザイナーにその意図を伝えるようなもの。 グラフィックデザインはワイヤーフレームからその意図を汲み取り、UXを出来る限り正確に想像して、グラフィックやプロトタイプを作る過程ではその製品で成し遂げたいことをいかに最大化できるかを考え再構築されたもの。

最適化と最大化がポイントだなあと、思いました。

シェアしてね

top TOP
自己紹介
picture
KEISUKE TSUKAYOSHI

UX Designer / UI Designer.

株式会社Fablicでフリマアプリ"FRIL"などの事業サービスのプロダクトマネジメントやデザインを担当しています。

実績など詳しくはこちら

copyrights(c) Keisuke Tsukayoshi.